転職したくとも最初の一歩が踏み出せない。。転職は介護・福祉、it・エンジニア、薬剤師、看護士、金融、アパレル系、不動産、等など業種によって変わってきます。そして営業、技術職、経理、などの職種にも左右されます。このサイトでは、そんな疑問を解決できるような転職者の為の転職支援サイトを目指しています。

スポンサードリンク

ヘッドハンティングからの勧誘を受けたい場合

ヘッドハンティングから勧誘の電話がかかって来て、
今回はその勧誘を受けたい場合はどの様にしたら良いか?

周りに怪しまれず、悟られず、
その後のプランを進めていくにはどうしたら良いか?

因みに、ヘッドハンティングからのしつこい勧誘の電話を断りたい場合は、下記を参照。

ヘッドハンティング勧誘の断り方
http://realtime-tenshoku.seesaa.net/article/80398138.html

あなたの今回の目的は、ヘッドハンティング勧誘を受け、
且つ、目立たない様に事を進めるのが目的なはず。

ややこしい話はここではしない!
が鉄則です。

こちらがしたくなくとも、
ヘッドハンティングは自分の意思を一方的に伝えてきます。

私がどこの誰で、今回なぜ勧誘してきたか?
色々魅力的な案件があなたを待っていて、
是非ともあなたと一度会って、話をしてみたい。
都合の良い時間ある?

という趣旨。

向こうとしても、ホントは一言、
あなたの連絡先教えて!と言いたいのでしょうけど、
さすがにそんなわけも行かず、
失礼の無いように、且つ、あなたを誘い出すには、
おのずとこういうやり取りになってしまうのは致し方が無いことです。

ただし、あなたがこんなやり取りを
貰った電話で全部聞いていたら、いい加減回りも気付きます。
長々話しても、周りの注目を集めるだけです。

では、どの様にしたら回りにも悟られ辛く、
それでいて事を進められるか?

それは、

相手の連絡先を聞く(メールorTEL)。

以上!

早々に、(相手の話を折ってでも)今回の趣旨は分かった旨伝え、
こちらから折り返すから連絡先を教えてくれ!と。

連絡先を貰ってから、後でゆっくりこちらから掛け直す。
もしくは、個人携帯番号orメールアドレスを教える等、
どうにでもできます。

じゃぁ、相手に自分の連絡先を教えちゃダメなの?
電話口で相手に自分の連絡先を喋るとどうなるか?

以前私が勤めていた会社での出来事:

英語で電話がかかって来ること自体が珍しい職場環境で、
長々と色々な話をした挙句、
最後に自分のフリーメールアドレスと個人携帯番号を教えている奴がいました。。

しかも、あまり発音が良ろしくなかったのか、中々相手に伝わっていなかった様で、
最後は職場中に聞こえる位大きな声で、一生懸命、
自分のフリーメールアドレスと個人携帯番号を何度も何度も伝えていました。。

そもそも通常の業務で、
プライベートな携帯の番号を顧客に教える事がありますか?(笑)

あなたの連絡先を電話口で説明していること事態が、
周りから見れば不自然なのです。

というか、バレバレです。。(笑)
バレテないと思っているのはどう考えてもあなただけです!

ですので、あなたが相手の連絡先をメモするのが
一番あなたにとって、都合が良い手段なのです。

電話を切った後のこの社員とその周りの空気は、
あなたのご想像にお任せします!(笑)

次回は「ヘッドハンティングに初めて会う時に気を付ける事!」です。

【まぁまぁ参考になったので、今日は一票入れてあげる】
ありがとうございます!!  blogRanking.gif

-----
【他の関連記事を読む】
キャリアコンサルタントとは?
志望動機と希望は明確に!
ヒヤリングは重要ですよ!!
自分の希望をうまく伝えるには?
賢い転職エージェントの選び方
希望にそぐわない案件の断り方
他に登録しているコンサルタント会社はありますか?
キャリアコンサルタントの活用の仕方
信頼できるエージェントの見極め方
友人・知人を紹介する時の注意点
友人をエージェントに紹介するタイミングは?
エージェントへ友人の紹介の仕方
エージェントを活用するメリット
ヘッドハンティング勧誘の断り方
ヘッドハンティングに会う前にしておくこと
ヘッドハンティング初めて会う時に気を付ける事!


スポンサードリンク



転職支援サイトの活用法、面接の注意点、キャリアコンサルタントの選び方、職務経歴書の書き方、求人情報の探し方、など分からないことだらけ。転職セミナーや転職支援サイトを活用しようにも、エンジャパン、インテリジェンス、リクナビ、とどれが良いのか分からない?この転職サイトでは、これらの転職に関わる様々な情報をこれからも随時提供して行きます。暇な時にでもまた見に来てやって下さい!
タグクラウド
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。