転職したくとも最初の一歩が踏み出せない。。転職は介護・福祉、it・エンジニア、薬剤師、看護士、金融、アパレル系、不動産、等など業種によって変わってきます。そして営業、技術職、経理、などの職種にも左右されます。このサイトでは、そんな疑問を解決できるような転職者の為の転職支援サイトを目指しています。

スポンサードリンク

第二新卒者が転職で気を付ける事2

今回は、第二新卒入社二・三年未満の場合です。

採用基準に関しては、
基本的には一年未満の第二新卒と同等だと思います。

まだ読んでいないという方は、下記を参考にしてみて下さい。
第二新卒者が転職で気を付ける事1

では、第二新卒の一年未満と二・三年未満の差とは何でしょう?

一番の悩みは、

中途半端。。

では無いでしょうか?
・2年はいたものの、技術や手に職が付く仕事ではなかった。
・技術職にはいたけど、雑務ばっかで特に技術と言えるようなものはない。。
だから、自己PRになる様なものがない。。

私は後者で悩みました。

ただ今思うとこの辺の悩みというのは
悩んでいても仕方がない悩みでした。

例えば、あなたに本当にやりたいことがあり、
または今の状況を転職により何としても打破したいと考えているのならば、
ここで悩んでいる時では無いと思います。

敢えて厳しいことを言ますが、
ここの段階で悩んでいる方というのは、
転職の準備ができていない人、もしくは
転職に憧れているだけで、する気のない人だと思います。

なので、この段階で悩むのであれば、
どうやったらこの状況を、自分のしたいものにできるか?
目的を達成できるか?ということに時間を割いた方が良いと思います。

で、技術系の方で転職をしたい方は、
ここで大きく二つの悩みに分かれると思います。

1.今転職をするか?
2.もう一・二年頑張って技術をある程度つけてから再度転職を試みるか?

ここはあなたの今現在おかれている環境と
あなたのやりたい事・内容との相談になります。

現状、明らかにあなたのやりたいことではない。
または、残っていても自分の目標は現在の環境によって達成することができない。

→転職した方が良いかもしれません。

病院で働いている人が飲食で働きたいと思っていても、
あなたが病院を飲食店へ変えることはできません。
環境がボトルネックならばあなたが環境を移した方が利口です。

環境ではなくあなたの努力次第、
あなたのやる気次第では実現できる
またはその可能性がある場合、

→転職は今でなくとも良いかもしれません。

もし現在のあなたの努力次第で得られる環境にいるのならば、
期間を決めてそこで得ることのできる技術を吸収し経験を蓄え、
第二新卒の転職ではなく、通常の転職を採った方が、
キャリアアップとしも理想的なケースになると思います。

これは私個人的な意見ですが、
第二新卒の転職というのは、本当にやりたいことが決まっていて、
現状の環境が明らかに合っていない人がする転職だと思います。

その他の人は、経験を付けた上で通常の転職を取った方が、
転職のリスクと転職時の選択肢の幅を広げるという意味では、
現状維持という選択肢も立派な決断になると思います。

そうは言っても、
やっぱりこの辺の判断って難しいですよね?

伝えたかった事、

あなたの本当にやりたいことは何ですか?

そして、あなたはどの程度本気で考えていますか?

【まぁまぁ参考になったら、クリックしてあげて下さい!】
ありがとうございます!!  blogRanking.gif
-----
【関連記事を読む】
転職ってあなたにとっては何?
内定を貰って辞退?
転職のあなたの条件って?
転職にあなたは何を望みますか?
すんません、、長々と!
第二新卒者が転職で気を付ける事1
転職でミスマッチを避けるには?


スポンサードリンク



転職支援サイトの活用法、面接の注意点、キャリアコンサルタントの選び方、職務経歴書の書き方、求人情報の探し方、など分からないことだらけ。転職セミナーや転職支援サイトを活用しようにも、エンジャパン、インテリジェンス、リクナビ、とどれが良いのか分からない?この転職サイトでは、これらの転職に関わる様々な情報をこれからも随時提供して行きます。暇な時にでもまた見に来てやって下さい!
タグクラウド
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。