転職したくとも最初の一歩が踏み出せない。。転職は介護・福祉、it・エンジニア、薬剤師、看護士、金融、アパレル系、不動産、等など業種によって変わってきます。そして営業、技術職、経理、などの職種にも左右されます。このサイトでは、そんな疑問を解決できるような転職者の為の転職支援サイトを目指しています。

スポンサードリンク

第二新卒者が転職で気を付ける事1

第二新卒とは、一度は新卒採用され入社したが、
その後の1・2年で転職をする人達を指します。

転職したいけど、、
私はまだ経験が無いから、、少ないから、、
技術力も何も無いし、、
やっぱり採ってくれる会社は無いよな。。

こんなこと考えて転職に踏み切れないでいる
第二新卒者の方はいませんか?

第二
新卒の転職の際に気をつけることとしては
どんなことがあるのでしょうか?

一緒に考えてみましょう!
一年未満の場合とそれ以外とで
分けて考えてみたいと思います。

まず一年未満の場合。

一年未満でやめる理由として考えられるのは、

・思っていた業務内容と違った。(ミスマッチ)
・自分には向いていないかも?
・やっぱり、違う業種が良い。
・会社が合わない。

等など色々考えられると思います。

転職したい理由はどうであれ、
一年未満の第二新卒に求められるものとしては、

・ポテンシャルとやる気

しかないと思います。
(新卒と同内容です。)

なぜか?

新卒の方には失礼な話ですが、
雇う側としては、新卒の人材を即戦力としては期待はしていないはずです。
(技術・エンジニア職の外資系は別。)

新卒をとる理由として、

・(中途と比べて)経費が安い
・育てて元が取れる。
・業務内容が簡単であり、社内講習/OJTで数ヶ月教えればこなせる業務内容である。

・一年内に元は取れる。

など等。

なので、入社していきなり高いレベルの能力は
(あるに越したことは無いのですが)
求めてはいないはずです。

では新卒と第二新卒との違いは何か?

第二新卒には一つハンデがあるります。
新卒と比べたら一年分の。
(ハンデという表現は適切ではないかもしませんが。)

雇う側からみれば、そのハンデを押してまで、
自分の希望する仕事に向かおうとしている人間ですから、
新卒と比べたら、やる気の次元が違います。

特に他業種・他分野に転職を希望する第二新卒者に対しては
雇う側も少なくともあなたのそのやる気に関しては
第二新卒であるあなたを評価してくれると思います。

後は、雇う側から見ればあなたの人柄と、
その会社の業務内容に向いていそかどうか。

伸びるかどうかはふたを開けてみないと分からないという点では、
新卒も第二新卒も同じです。

なので、技術・経験がないから転職できないのではないか?
と悩んで転職に踏み切れないでいる一年未満の第二新卒者の方、

大丈夫です!
その点は、向こうも期待してませんから!

それよりも同じ悩むのならば、

・本当に自分がしたいのことは何か?
・本当に自分が進みたい分野はなんだろうか?

を真剣に悩んだ方が良いです。

そしてもし明確にできたのなら、
あなたの一度きりの人生、
新卒一年目に転職という軌道修正は、
一つ賢い選択になると思います。

長くなってしまったので、
今回はここまで。

次回は、二年未満の第二新卒の場合です。

【まぁまぁ参考になったら、クリックしてあげて下さい!】
ありがとうございます!!  blogRanking.gif
-----
【関連記事を読む】
転職ってあなたにとっては何?
内定を貰って辞退?
転職のあなたの条件って?
転職にあなたは何を望みますか?
すんません、、長々と!
第二新卒者が転職で気を付ける事2
転職でミスマッチを避けるには?
タグ:第二 新卒 採用


スポンサードリンク



転職支援サイトの活用法、面接の注意点、キャリアコンサルタントの選び方、職務経歴書の書き方、求人情報の探し方、など分からないことだらけ。転職セミナーや転職支援サイトを活用しようにも、エンジャパン、インテリジェンス、リクナビ、とどれが良いのか分からない?この転職サイトでは、これらの転職に関わる様々な情報をこれからも随時提供して行きます。暇な時にでもまた見に来てやって下さい!
タグクラウド
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。