転職したくとも最初の一歩が踏み出せない。。転職は介護・福祉、it・エンジニア、薬剤師、看護士、金融、アパレル系、不動産、等など業種によって変わってきます。そして営業、技術職、経理、などの職種にも左右されます。このサイトでは、そんな疑問を解決できるような転職者の為の転職支援サイトを目指しています。

スポンサードリンク

転職35歳限界説は本当か?

転職35歳を超えると極端に求人案件が少なくなる。

転職エージェントやキャリアコンサルタントに聞いても答えは「イエス」。

実際に転職サイト等で検索してみても結構少ない。。

この転職35歳限界は正しいのか?
ホントに35歳を過ぎると、転職できなくなるのか?

そもそも、なぜそんなに案件が少なくなるのか?
付き合いのあるエージェントに聞いてみました。

35歳以上の転職者には、求められる特徴が大分変わるとの事。
簡単に言えば、技術よりも管理能力だと。

お金の管理、人の管理・育成、資産・資源等の管理。
その分野での知識を活かした上での管理能力が必要とのこと。

また雇う側からしてみれば、
35歳以上の管理職1人
=新卒2・3人の人件費・経費がかかります。

なので新卒等、単純に増員を求めた募集と比べれば、
募集数に差がでるのは当たり前。

ただ、転職の限界では全く無いと。
むしろ、この辺のニーズは常に高いとのことです。

高いというのは、数の問題ではなく、
この年齢前後で求められる能力がある人材も少なく、
そしてニーズが高いということ。

この管理能力が求められるポジションをいうのは、
それなりの責任も能力も求められ、
それには技術・能力・経験が求められ、
これらを満たすには、必然的に年月が掛かります。

なので35歳以上の方でも、
要は求められている内容をクリアーしていれば良いのです。
若い人材には無い、あなただからできる経験・能力を身に付けていれば、
くだらん限界説は関係なくなるでしょう。

35歳以前の方は、逆算してあなたのキャリアプランの参考にしてみては如何でしょうか?

個人的には、この段階で自信がある方は、
是非とも転職エージェントと一度相談してみることをお勧めします。

この類の転職情報は自分で探すより、
案件を既に持っているor入ったら教えてくれる
転職エージェントに頼んでおいた方が時間・労力的にも効率的です。

話がそれましたが、私の感想としては、
転職35歳限界説は、技術者・増員要因としての転職は限界であり、
求められる能力を持った人材にとってみれば、
むしろ、ここからが見せ所となるのでは?
と感じています。

あなたならどう採りますか?

【まぁまぁ参考になったら、クリックしてあげて下さい!】
ありがとうございます!!  blogRanking.gif
-----
【他の関連記事を読む】
辞表を6月10日に出すには?
非公開求人ってホントにあるの?
鉄則?次を決めてから辞めること!其の一
鉄則?次を決めてから辞めること!其の二
鉄則?次を決めてから辞めること!其の三
とっとけ!休みを!
内定辞退とメリッジブルー
現実逃避の為の転職の薦め!
今日勤めていた会社が倒産しました
現職の同僚とは仲良くしておくこと!
仕事の反意語は何ですか?
転職?会社の辞め時、こんな時
転職しないリスク


スポンサードリンク



転職支援サイトの活用法、面接の注意点、キャリアコンサルタントの選び方、職務経歴書の書き方、求人情報の探し方、など分からないことだらけ。転職セミナーや転職支援サイトを活用しようにも、エンジャパン、インテリジェンス、リクナビ、とどれが良いのか分からない?この転職サイトでは、これらの転職に関わる様々な情報をこれからも随時提供して行きます。暇な時にでもまた見に来てやって下さい!
タグクラウド
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。