転職したくとも最初の一歩が踏み出せない。。転職は介護・福祉、it・エンジニア、薬剤師、看護士、金融、アパレル系、不動産、等など業種によって変わってきます。そして営業、技術職、経理、などの職種にも左右されます。このサイトでは、そんな疑問を解決できるような転職者の為の転職支援サイトを目指しています。

スポンサードリンク

志望動機とギャップ

以前、新卒定員割れとういう記事を書きましたが、
今回はその時の人事(私の友人・同期)に
中途を採り辛い理由についてもう少し聞いてみました。

その理由の一つに、
転職希望者の志望動機と会社の望む人材像とにギャップがあるというのです。

例えば、私の今の会社の場合、
恐らく他の会社と比べてみても、
結構教育には力を入れていると思います。

そこで会社を選んだ理由に、
この教育・研修制度に力を入れている
という点を挙げる人が多いそうです。

教育・研修制度を通して、
自分のスキルを上げたいという向上心自体は
良いことかもしれませんが、
会社としては、正直迷惑だとのことです。

転職者・中途採用者には
教育を施してしてスキルを上げてもらいたいわけではなく、
即戦力として活躍して欲しい、会社側(雇う側)としては!

とのことです。

なので、新卒採用は別として、
この教育制度を志望の動機としてあげた、
中途採用の場合はお断りしているそうです。

ここで質問、あなたの志望動機
自分だけの視点に陥っていませんか?

自分にとってプラスになることと、
会社にとってプラスになることは必ずしも一緒とは限りません。

【語弊の無いように】
自分の志望動機を面接通過の為に替えるというは本末転倒です。
自分の志望動機は自分の志望動機として大切にしっかり持ち、
それを基に会社を選ぶというのが大前提です!

逆に言えば、ここを理解できている人は、
自分の志望動機と会社の希望人材像との共通点を探したら良いのです。

会社が望む=雇う側が希望する人材と、
自分の志望動機が一致しているのが理想です。

後はどこでラインを引くか?
もし自分の志望動機と会社側の要望する人材に明らかな差があり、
自分の志望動機はほぼ見たせられないという判断なら、
この段階の内定前に辞退し、
他の会社を受け直すというのも一つの選択肢だと思います。

この辺のライン引きを瞬時にするのは難しいとは思いますが、
最低限自分の中で現段階での志望動機が
はっきりしている必要があります。

ここでもう一度自分の志望動機を見直してみましょう。

そして面接では
自分の志望動機と会社が要望する人材との共通部分を
お互いで認識しあうように進めると良いと思います。

伝えたかったこと。
→あなたの志望動機はその会社にとってもプラスですか?

【まぁまぁ参考になったら、クリックしてあげて下さい!】
ありがとうございます!!  blogRanking.gif
-----
【他の関連記事を読む】
なぜ今回この会社を受けたのですか?
自己紹介を簡単にして下さい
今の会社では実現できませんか?
なぜ今回転職をしようと思ったのですか?
面接であなたの退職理由を確認する理由
面接で転職のリスクを回避する方法
圧迫面接の上手な受け方
会社の不平不満を自己アピールに繋げる方法
面接でどうしても緊張しちゃうんだけど、、
一次/二次面接の結果がいつも通らないんだけど、、
面接で思わず戸惑った質問


スポンサードリンク



転職支援サイトの活用法、面接の注意点、キャリアコンサルタントの選び方、職務経歴書の書き方、求人情報の探し方、など分からないことだらけ。転職セミナーや転職支援サイトを活用しようにも、エンジャパン、インテリジェンス、リクナビ、とどれが良いのか分からない?この転職サイトでは、これらの転職に関わる様々な情報をこれからも随時提供して行きます。暇な時にでもまた見に来てやって下さい!
タグクラウド
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。