転職したくとも最初の一歩が踏み出せない。。転職は介護・福祉、it・エンジニア、薬剤師、看護士、金融、アパレル系、不動産、等など業種によって変わってきます。そして営業、技術職、経理、などの職種にも左右されます。このサイトでは、そんな疑問を解決できるような転職者の為の転職支援サイトを目指しています。

スポンサードリンク

面接でその会社の内情を知るには?

面接を通して、
その会社の内情を知るにはどうしたら良いか?
そのポイントコツは?

→あなたが面接官からされたような質問をそのまんましてやって下さい!(笑)

どんな質問をされたか覚えていますか?
質問の内容云々より、質問のされ方を思い出して下さい。

何か思い浮かびました!?

そうです、質問の仕方にコツがあるんです!
コツとしては、

・質問をクローズで聞かないこと。

クローズとはYes or Noで答えられる質問をClose Question、
逆に、How〜、Why〜などYes or Noで答えられない質問を
Open Questionと言います。

面接官に何か聞きたいときは、最初にオープンで聞くことです。

(例)
【×】社内は良い雰囲気ですか?
【○】社内はどの様な雰囲気ですか?

(例)
私は全く同じミスを二度しないよう普段心がけています。
御社では、二度同じミスが起きないよう、
普段から何か心がけていることはありますか?

因みに私なら、心がけてることを前提に答えて貰うために
「普段どの様なことを心がけていますか?」にします。

ポイントとしては、具体的な例を先に示さないこと。

(例)
メモや資料を残すように指示する、
連絡を蜜にしているなど、
何か心がけていますか?

これでは、ハーフクローズです。
例を先に提示することにより、
半分はクローズしてます。

一番最初の質問は
全オープンに心がけることをお薦めします。

その方が生の意見や情報を得られ易いからです。

どうしも相手がこちらの質問に答えられない様なら、
その時初めて、例えば〜と切り出せば良いのです。

余談ですが、これらの質問に対しての回答前に、
「まずあなたの意見を聞かせて欲しい」の様な
質問に対して質問で返してくるような面接官なら、
その会社にそういう視点や考えが無いか、
もしくは、その面接官のみがアホかのどちらかです。

では反対に、
クローズの質問はどんな時に使うのか?

→最後に確証を得たい時に使います。

(例)つまり、xxxということですか?

面接で通して、その会社の内情・情報等、
有益な情報をうまく引き出しましょう!

あなたの転職を成功させる為に!

面接コツポイント:質問の際、オープン/クローズを使い分ける!

【まぁまぁ参考になったので、応援クリックしてあげる!】
ありがとうございます!!  blogRanking.gif
-----
【前の関連記事を読む】
なぜ今回この会社を受けたのですか?
自己紹介を簡単にして下さい
今の会社では実現できませんか?
なぜ今回転職をしようと思ったのですか?
面接であなたの退職理由を確認する理由
面接で転職のリスクを回避する方法
志望動機とギャップ
圧迫面接の上手な受け方
面接でどうしても緊張しちゃうんだけど、、
一次/二次面接の結果がいつも通らないんだけど、、
面接で思わず戸惑った質問
-----
時間のある方は下記も参考がてらに読まれたし!
読んで頂けたら、いっそう理解が深まると思います!!
【面接前の予備知識】
面接はスーツが常識?
面接のアポ取りで損しない為に
面接には有給を使う必要がある?
面接に急に行けなくなった場合
面接を急に受けられなくなった場合〜エージェント編〜
面接に望む前に知っておいて欲しい事
面接に望む前に知っておいて欲しい事2


スポンサードリンク



転職支援サイトの活用法、面接の注意点、キャリアコンサルタントの選び方、職務経歴書の書き方、求人情報の探し方、など分からないことだらけ。転職セミナーや転職支援サイトを活用しようにも、エンジャパン、インテリジェンス、リクナビ、とどれが良いのか分からない?この転職サイトでは、これらの転職に関わる様々な情報をこれからも随時提供して行きます。暇な時にでもまた見に来てやって下さい!
タグクラウド
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。