転職したくとも最初の一歩が踏み出せない。。転職は介護・福祉、it・エンジニア、薬剤師、看護士、金融、アパレル系、不動産、等など業種によって変わってきます。そして営業、技術職、経理、などの職種にも左右されます。このサイトでは、そんな疑問を解決できるような転職者の為の転職支援サイトを目指しています。

スポンサードリンク

面接で転職のリスクを回避する方法

面接を通して、その会社を知る。

雇う側があなたを面接する様に、
あなたもその会社を面接しているのです。
忘れちゃ駄目ですよ!
この視点!!

これは転職において、
転職リスクを軽減させると同時に、
あなたの転職成功させるための
重要事項の一つだと思います。

幾つかやり方はあります。
何回かに分けて紹介していきたいと思います。

まず、一つ目の方法。
手っ取り早い方法として、

担当者を判断材料にする

という方法。

ここで担当者は大きく二つに分かれます。

入社後も付き合うであろう担当者と
そうでない担当者。

中小の会社であれば別ですが、
例えば規模の大きな会社となれば、
その人事の人とは面接終了後、
顔を合わせる機会は、殆ど無いでしょう。

入社してもその人とは
話すらする機会も無いかもしれません。
下手すれば、一生見ないかもしれません!(笑)

この場合、仮にこの人事面接担当者と馬が合わなくとも、
その面接だけ我慢すれば、入社後のあなたに害はありません。

だから適当で良いとかそんな次元の話をしているのではありません。

問題は後者の方。

面接官が、求職ポジションを管轄するリーダーやマネージャーで合った場合、
そのリーダないしマネージャーとは、
入社後、嫌でも付き合う必要が出てきます。

生理的に受け入れられない等何らかの問題があった場合、
ここで自分なりに判断することが必要になるケースもあるということです。

仕事とコミュニケーションは切っても切れない関係だと思います。
そんな中で前もって分かっているリスクは
皆さんとしても回避できるならばしておきたいと思います。

好き嫌いで仕事をするな!とか
しろ!とか言うことではなく、
あくまでリスク回避という視点からのアドバイスだと受けてとめて下さい。

面接官が脚きり?をする様に、
(最低ラインをクリアーしてるかどうか?の意)
皆さんにもそれぞれ会社に対する最低条件があるはずです。

自分の最低条件を下回っている会社に
この段階で合えて突っ込まなくとも良いはずです。

突っ込むならば、それ相応の条件があなたの中にはあるでしょう!?

前もってリスクを回避しておくことは、
転職に限らず、あなたの人生において立派な上等手段の一つだと私は考えます。

例えば、どうしても馬が明らかに合わなそうな人、
どうしても生理的に受け入れられない様な人、
そんな人が直上上司だったらどうしますか?

あなたはうまくやっていく自信はありますか?

これが入社後であれば、
そうは言っていられないでしょう。

どうやってそんな上司とうまく仕事をしていくか?
が焦点になってくると思います。

ただ、今回伝えたかったのは、
今はまだそうなる前の段階だということです!!

勿論、人間関係の問題はここでどれだけ回避しようが、
出てくる問題です。
なので、今回避ければそれで良いとは皆さんも思ってないはずです。

ただ幸いにも入社前の面接という場を通して、
一つ問題を回避できるのならば、
しない手は無いということです。

そしてこの部分は今後のあなたの転職活動において、
転職を成功させるか、そうでないものにするかの、
一つの大事な判断基準になってくると思います。

→リスク回避(脚きり)してますか?

【まぁまぁ参考になりましたら、応援クリックしてやって下さい!】
ありがとうございます!!  blogRanking.gif
-----
【他の関連記事を読む】
なぜ今回この会社を受けたのですか?
自己紹介を簡単にして下さい
今の会社では実現できませんか?
なぜ今回転職をしようと思ったのですか?
面接であなたの退職理由を確認する理由
面接でその会社の内情を知るには?
圧迫面接の上手な受け方
一次/二次面接の結果がいつも通らないんだけど、、
面接で思わず戸惑った質問
-----
時間のある方は下記も参考がてらに読まれたし!
読んで頂けたら、いっそう理解が深まると思います!!
【面接前の予備知識】
面接はスーツが常識?
面接のアポ取りで損しない為に
面接には有給を使う必要がある?
面接に急に行けなくなった場合
面接を急に受けられなくなった場合〜エージェント編〜
面接に望む前に知っておいて欲しい事
面接に望む前に知っておいて欲しい事2


スポンサードリンク



転職支援サイトの活用法、面接の注意点、キャリアコンサルタントの選び方、職務経歴書の書き方、求人情報の探し方、など分からないことだらけ。転職セミナーや転職支援サイトを活用しようにも、エンジャパン、インテリジェンス、リクナビ、とどれが良いのか分からない?この転職サイトでは、これらの転職に関わる様々な情報をこれからも随時提供して行きます。暇な時にでもまた見に来てやって下さい!
タグクラウド
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。