転職したくとも最初の一歩が踏み出せない。。転職は介護・福祉、it・エンジニア、薬剤師、看護士、金融、アパレル系、不動産、等など業種によって変わってきます。そして営業、技術職、経理、などの職種にも左右されます。このサイトでは、そんな疑問を解決できるような転職者の為の転職支援サイトを目指しています。

スポンサードリンク

面接であなたの退職理由を確認する理由

転職での採用面接の際、
あなたがもし先に会社を辞めていた場合、
必ずと言っていいほど聞かれます。

前職のあなたの退社理由。。

なぜか?

会社が面接であなたの退職理由を知ろうとするのには、
そこにあなた自身の人柄や資質を知るためのヒントが見出せるからだと思います。

会社側が採用前に知って、
回避しておきたいことが幾つかあります。

例えば、

・前の会社で、会社に迷惑を掛けるような問題を起こしてはいないか?

前職で問題を起こして退職させられた人間を採用しても、
又同様の問題を起こし兼ねません。

雇う側からしてみれば、
幾ら本人が改心したと豪語していても、
問題になりそうな人を敢えて採用する必要は無い訳です。

・採用しない方が会社にとって懸命と判断される場合

退職理由によっては、採用しない方が懸命と判断される場合があります。
例えば多忙で体を壊してしまった場合。

同情はするでしょうけど、
休みがちになりそうな人をここで敢えて採る必要は無いのです。
(病気が完治していない場合)

同様に、家族の入院介護等も挙げられると思います。
今後も介護のが継続される=会社を休む必要が出てくる。

・同じような理由で辞めてしまわないか

病気に限らず、同じ理由ですぐに辞められたのでは、
採用活動にかけた手間やコストも無駄になります。

・不平不満への対応力があるかどうか

会社に対する不平不満が退職の理由であった場合、
それ自体は理由は理由ですから、
それだけで、マイナスに判断されることは無いと思います。

ただ、その不満に対してあなたがどの様に解決のために努力していたか、
どう対応したかを知ることにより、
あなたの問題への対応力や解決能力、仕事への取り組み姿勢がわかります。

何もせずに転職を解決策に選んだ場合は、
あまり良くは採られないでしょう。。

他にも様々な理由があると思いますが、
会社があなたの退職理由を確認する理由とは

→あなたを採ることにより、(会社にとって)マイナスになることを回避する為。

転職希望者にとって、
退職理由と志望動機は表裏一体だと思います。

なので、退職理由を話す際には、
前向きな今のあなたの気持ちに焦点をあて
伝えるよう努力にすると良いと思います。

【まぁまぁ参考になりましたら、応援クリックしてやって下さい!】
ありがとうございます!!  blogRanking.gif
-----
【その他の関連記事を読む】
なぜ今回この会社を受けたのですか?
自己紹介を簡単にして下さい
今の会社では実現できませんか?
なぜ今回転職をしようと思ったのですか?
面接で転職のリスクを回避する方法
面接でその会社の内情を知るには?
面接で転職のリスクを回避する方法
面接でどうしても緊張しちゃうんだけど、、
面接で思わず戸惑った質問
-----
時間のある方は下記も参考がてらに読まれたし!
読んで頂けたら、いっそう理解が深まると思います!!
【面接前の予備知識】
面接はスーツが常識?
面接のアポ取りで損しない為に
面接には有給を使う必要がある?
面接に急に行けなくなった場合
面接を急に受けられなくなった場合〜エージェント編〜
面接に望む前に知っておいて欲しい事
面接に望む前に知っておいて欲しい事2
タグ:面接 退社 理由


スポンサードリンク



転職支援サイトの活用法、面接の注意点、キャリアコンサルタントの選び方、職務経歴書の書き方、求人情報の探し方、など分からないことだらけ。転職セミナーや転職支援サイトを活用しようにも、エンジャパン、インテリジェンス、リクナビ、とどれが良いのか分からない?この転職サイトでは、これらの転職に関わる様々な情報をこれからも随時提供して行きます。暇な時にでもまた見に来てやって下さい!
タグクラウド
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。