転職したくとも最初の一歩が踏み出せない。。転職は介護・福祉、it・エンジニア、薬剤師、看護士、金融、アパレル系、不動産、等など業種によって変わってきます。そして営業、技術職、経理、などの職種にも左右されます。このサイトでは、そんな疑問を解決できるような転職者の為の転職支援サイトを目指しています。

スポンサードリンク

自己紹介を簡単にして下さい

面接時に、

「まず簡単にあなたの自己紹介をして下さい。」

これ結構、戸惑いませんか?

自分の事を他人に紹介するという行為自体、
既に非日常的な行動であり、
簡単にと言われても。。

私は最初全くできませんでした!

何を答えたら良いのか。。(笑)

これは色んな意図や意味があるんでしょうけど、
戸惑ってしまう方の多くは、面接を意識しすぎて、
何か良いこと言おうとしてるんだと思います。

まずは、自分が適度にリラックスできるようにする。
緊張していたが為に、
自分を表現できなくなってしまってたら勿体無いですよね!

で、肝心のどんな紹介ををしたら良いのか?

面接の場なので、ある程度は
仕事にも関係するようなことを交えた方がベターだとは思いますが、
必ずしもという訳ではないと思います。

内容云々より、どの様に私が自己紹介をするか?
例えば、何とか分かり易く伝えようと努力してたか?
面接官の目を見ながら話していたか?
笑った時の表情を見たり、
と以外に面接官によってもみるところが違うようです。
(事後談より・聞けた分のみ)

個人的には人柄がうまくアピールできた方が、
その後の面接の雰囲気も良かったです。
(面接の合否に直接関係しているかどうかは断言できませんが)

そして、この最初の自己紹介の時点で
例えば、この点は仕事にも活かせると思います。
のような露骨なアピールはいらないと思います。

たぶん面接官も期待してないでしょうし、
求めてないはずです!

ホントに重要なところは後から嫌でもみっちり聞かれます!
その時に初めて、先程の自己紹介でも申し上げましたが、〜と繋げた方が自然です。

また、話す場はこの自己紹介の場だけはないので、
マイナスの印象をもたれない程度に、
自分の良さ、人間味のあるようなことが伝えられれば良いと思います。

マイナスの印象というのは、例えば、
私は人と話すのが大嫌いで、根暗で、
必要があってもあまり会話はしたくないです。
という様な紹介は止めましょう!(笑)
ということです。

そしてこれは全くもって私の主観ですが、
ホントあなたの人柄・個性をみてるんだと思います。

アドバイスとしては、

・この段階での露骨な自己アピールはいらない!
・人柄が伝わりそうなこと。
・簡単な経歴紹介。(詳細は後で)

この最初に話す機会を利用して、緊張をほぐす!

自己紹介面接のウォームアップとだと思います。
(サポッても、やりすぎてもダメという意)

【参考になりましたら、応援クリックしてやって下さい!】
ありがとうございます!!  blogRanking.gif
-----
【他の関連記事を読む】
なぜ今回この会社を受けたのですか?
今の会社では実現できませんか?
なぜ今回転職をしようと思ったのですか?
面接であなたの退職理由を確認する理由
-----
時間のある方は下記も参考がてらに読まれたし!
読んで頂けたら、いっそう理解が深まると思います!!
【面接前の予備知識】
面接はスーツが常識?
面接のアポ取りで損しない為に
面接には有給を使う必要がある?
面接に急に行けなくなった場合
面接を急に受けられなくなった場合〜エージェント編〜
面接に望む前に知っておいて欲しい事
面接に望む前に知っておいて欲しい事2


スポンサードリンク



転職支援サイトの活用法、面接の注意点、キャリアコンサルタントの選び方、職務経歴書の書き方、求人情報の探し方、など分からないことだらけ。転職セミナーや転職支援サイトを活用しようにも、エンジャパン、インテリジェンス、リクナビ、とどれが良いのか分からない?この転職サイトでは、これらの転職に関わる様々な情報をこれからも随時提供して行きます。暇な時にでもまた見に来てやって下さい!
タグクラウド
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。