転職したくとも最初の一歩が踏み出せない。。転職は介護・福祉、it・エンジニア、薬剤師、看護士、金融、アパレル系、不動産、等など業種によって変わってきます。そして営業、技術職、経理、などの職種にも左右されます。このサイトでは、そんな疑問を解決できるような転職者の為の転職支援サイトを目指しています。

スポンサードリンク

面接には有給を使う必要がある?

面接受けるために、
現職がある方はには有給を使う必要がある?

この質問、転職経験者からしてみれば
どうでも良い質問だと思いますが、
今回が初めての方、まだ経験がない方にとっては、
結構素朴な質問だと思います。

私も最初はどうしようか考えた記憶があります。

転職の際、面接を受けるために有給休暇を取る必要があるか?

アポイントのとり方のところでも書きましたが、
無いです、基本的には。

基本的にはというのは、
私も過去に一度だけ、
有給を採って行ったことがありました。

なので、答えを「無い」ではなく、
「基本的には」をつけました。

その一回とは、理由は勿論先方理由で、
役員面接(最終)でどうしてもその担当役員がそこでしか時間が取れないとのこと。

背景として、内定はほぼ決まっていて
その役員が却下することは余程の理由が無い限りは無い。
形式として役員面接で役員との顔合わせが必要。

なので、申し訳ないですが、
何とか現職を一日休んで貰えないですか?
とのことでした。

ただ、こういうケースは滅多にないと思います。

先方だって、
あなたに現職があることは分かっていますから、
余程の理由が無い限り、
あなたに現職を休んでも貰うことはないはずです。

また通常は予定を組むときに、
候補日・時間を夕方〜にします。

というか、
殆どの面接は夕方〜に行われていると思います。

また、これによって結果が左右することはないはずです!

あったとしたら、
どの道そんな会社には近寄りたくないので、
私なら他あたります。

なので、面接の度に有給を消化する必要はありません!

そして、予定の調整には出来る限りゆとりを持ちましょう!

blogRanking.gif
-----
【他の関連記事を読む】
面接はスーツが常識?
面接のアポ取りで損しない為に
面接に急に行けなくなった場合
面接を急に受けられなくなった場合〜エージェント編〜
面接に望む前に知っておいて欲しい事
面接に望む前に知っておいて欲しい事2
タグ:有給 面接


スポンサードリンク



転職支援サイトの活用法、面接の注意点、キャリアコンサルタントの選び方、職務経歴書の書き方、求人情報の探し方、など分からないことだらけ。転職セミナーや転職支援サイトを活用しようにも、エンジャパン、インテリジェンス、リクナビ、とどれが良いのか分からない?この転職サイトでは、これらの転職に関わる様々な情報をこれからも随時提供して行きます。暇な時にでもまた見に来てやって下さい!
タグクラウド
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。