転職したくとも最初の一歩が踏み出せない。。転職は介護・福祉、it・エンジニア、薬剤師、看護士、金融、アパレル系、不動産、等など業種によって変わってきます。そして営業、技術職、経理、などの職種にも左右されます。このサイトでは、そんな疑問を解決できるような転職者の為の転職支援サイトを目指しています。

スポンサードリンク

友人をエージェントに紹介するタイミングは?

今回はエージェントにあなたの友人・知人を紹介するのはいつが良いか?です。

先に結論から言ってしまうと、

・自分の転職活動が終わってから
転職活動をしていないとき

をお勧めします。

なぜか?

・最後まで終わってみないと、本当に良いエージェントはかは分からないから。
・同時進行で、希望がバッティングした時の優先順位は?
・先を越されたら、虚しい。。

最後まで終わってみないと、
本当にそのエージェントが優秀かどうかは分かりません!

まずは自分が一通り経験して、
やっぱりこのエージェントなら友人・知人に紹介しても大丈夫だ!
と思えたら、紹介したら良いと思います。

また、仮にあなたの転職活動中に紹介して
あなたの友達とあなたの希望が重なってしまった場合、
どっちが優先になるのでしょう?

希望の方面だけならまだしも、
社名・ポジションまで重なったら?
(まず、無いと思いますが!笑)

要はどっちが優先されるか?
ということです。

先に知り合ったあなたとは限りません!
これはたぶん、見込みのある方だと思います。

だって、あっちだって商売ですから。

そして、紹介した友達の方がポンポン先に進んでしまったら?
あまり良い気はしないと思います。
(ちょっと人間的にちっちゃい?笑)

でもどんな奇麗事を言っても
自分より紹介した人の方が先に上手く決まってしまったら
良くは思わないのは当然だと思います。

なので、精神衛生上の観点からも、
友人をエージェントに紹介するのは、
あなたの転職完了後
をお勧めします。

転職活動をしていない時といのは、

あなたは既に転職が終わっており、
そのエージェントがどの程度優秀だったかも分かっています。

また、転職活動をしていないので、
利害関係もなく、謙虚に人を薦められます。

前回も書きましたが、あなたにとっても
良いエージェントと関係を保っておくのは
あなたにとっても良いことです。

良い人材を紹介してあげたら、
あなたのエージェントも喜びます。

お互い「Win-Win」な関係を築いて行きましょう!

blogRanking.gif
-----
【他の関連記事を読む】
キャリアコンサルタントとは?
志望動機と希望は明確に!
ヒヤリングは重要ですよ!!
自分の希望をうまく伝えるには?
賢い転職エージェントの選び方
希望にそぐわない案件の断り方
他に登録しているコンサルタント会社はありますか?
キャリアコンサルタントの活用の仕方
信頼できるエージェントの見極め方
友人・知人を紹介する時の注意点
エージェントへ友人の紹介の仕方
エージェントを活用するメリット
ヘッドハンティング勧誘の断り方
ヘッドハンティングからの勧誘を受けたい場合
ヘッドハンティングに会う前にしておくこと
ヘッドハンティング初めて会う時に気を付ける事!


スポンサードリンク



転職支援サイトの活用法、面接の注意点、キャリアコンサルタントの選び方、職務経歴書の書き方、求人情報の探し方、など分からないことだらけ。転職セミナーや転職支援サイトを活用しようにも、エンジャパン、インテリジェンス、リクナビ、とどれが良いのか分からない?この転職サイトでは、これらの転職に関わる様々な情報をこれからも随時提供して行きます。暇な時にでもまた見に来てやって下さい!
タグクラウド
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。