転職したくとも最初の一歩が踏み出せない。。転職は介護・福祉、it・エンジニア、薬剤師、看護士、金融、アパレル系、不動産、等など業種によって変わってきます。そして営業、技術職、経理、などの職種にも左右されます。このサイトでは、そんな疑問を解決できるような転職者の為の転職支援サイトを目指しています。

スポンサードリンク

ヘッドハンティングされるには?

ヘッドハンティングする側は、
独自の色々な情報網を持っています。

そして自分を通して優良な人材を、
転職先を紹介しているのです。

なので、転職先へも転職希望者へも、
エッドハンター自身の信用を売っているのです。

勿論、属しているヘットハンティング会社の社名は使いますが、
どちらかというと、その人本人の顔で売っているところが多いです。

この辺が、キャリアコンサルタントや、エージェント、
人材派遣会社などとヘッドハンティングとの違いだと思います。

それでは、ヘッドハンティングされる人材とはどんな人なんでしょう?

間違いないのは、その道のスペシャリストであること。
そして、英語・パソコンが出来れば直良し。

30代〜40代の人材は即戦力として期待されています。
管理能力を求められることが多いです。

どちらかというと、この段階のニーズとしては、
資格等より実戦経験が重要視されます。

ただ、彼らもエリート・スーパーマンのみしか扱ってないわけではありません。
ヘッドハンターも人を転職させて初めてお金が貰える商売です。

転職意欲のある、キャリアアップ思考が高い、
自らを売り込みに来るような人材は大歓迎してくれます。

ですので、ヘッドハンティングされないから
私には関係ないや!と諦めないで下さい。

されなければ、自分から売り込めば良いのです。
この辺は、自分で人材紹介会社等に登録するのと同じことです。

自分に自信があり、転職を考えてる人材は
向こうからしても喉から手が出る程ほしいのです。

一点、注意してほしいのは、
収入の話は最初にはしないこと!

彼らが求める人材は、
自分の能力を高められる逸材か?
仕事を通して、自分を高められる人材か?
というところです。

彼らも、エンド(紹介先)に自分の信用を売っているので、
収入だけにこだわっている様な人材は紹介できなのです。

ヘッドハンティングされるには?
(受身なら)スペシャリストであること。

されない場合は?

自分から売り込む!

-----
【まぁまぁ参考になったので、ランキングを上げてあげる】
ありがとうございます!!  blogRanking.gif
-----
【関連記事を読む】
転職情報、仕事の見つけ方のコツ
転職情報をインターネットから収集する方法
転職サイトの活用の仕方
スカウト型サイトの活用方法
こんな人材紹介会社は気をつけろ!


スポンサードリンク



転職支援サイトの活用法、面接の注意点、キャリアコンサルタントの選び方、職務経歴書の書き方、求人情報の探し方、など分からないことだらけ。転職セミナーや転職支援サイトを活用しようにも、エンジャパン、インテリジェンス、リクナビ、とどれが良いのか分からない?この転職サイトでは、これらの転職に関わる様々な情報をこれからも随時提供して行きます。暇な時にでもまた見に来てやって下さい!
タグクラウド
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。