転職したくとも最初の一歩が踏み出せない。。転職は介護・福祉、it・エンジニア、薬剤師、看護士、金融、アパレル系、不動産、等など業種によって変わってきます。そして営業、技術職、経理、などの職種にも左右されます。このサイトでは、そんな疑問を解決できるような転職者の為の転職支援サイトを目指しています。

スポンサードリンク

転職の鉄則、次を決めてから辞めること!其の二

損しないよう、知っとくことをお奨めします。

転職の際に、
なぜ次の会社が決まる前に今の会社を辞めない方が良いか?

本日は、二つの目のデメリットです。

給与交渉には非常に不利に働きます。

会社側が最初に提示してくる給与は、
その会社での最低額です!
これで納得してくれたらラッキー位の額です!

雇う側とて良い人材をより安く(人件費・経費を抑えて)
雇いたい訳ですから、当然ことです。

つまり、提示された最初の額から幾割かの幅を持っています。
(この辺の給与交渉に関してはまた別の機会に詳しく書く予定です。)

ここで先に今の会社を止めていた場合、どうなるか?

大前提として、
現在仕事をしていない=所得がない。

ことをいいことに、割安?で初回給与を提示される可能性も無きにしも有らず。

また、通常通りに提示されていたとしても、
その額から上げる交渉がし辛くなります。

勿論、あなたに他の収入源があるorお金に困っていないというのであれば、話は別ですが、
通常は、できたら早く収入を確保したいと思うのが万人の常だと思います。

提示された給与で雇ってもらえることがほぼ確実の状態下の中、精神的にもやはりここから敢えて給与交渉をするというゆとりが生まれるはずも無く、雇う側もこの辺は当然熟知しています。

転職は人それぞれ色々な目的があってのことと思いますが、
それでも、給与アップは一つ重要なファクターだと思います。

その重要な部分を、自分側の理由で不利な状況の為、
うまく望むような結果が得られなくなってしまったのでは、
これは非常に勿体無いことだと思います。

給与交渉においては、他にも色々な要素・準備が必要なのですが、その中の一つに、この気持ちのゆとりというのが非常に重要となってきます。

例え目の前に現金を積まれても、
目もくれず?手をつけず?に、
交渉する気持ちのゆとりが必要になってきます。

そんな時、あなたはここから交渉する気になれますか?

因みに私だったらたぶん負けます。。(笑)

だって、素直にハイって言ったら、
そこ詰まれてる分はとりあえず確定する訳ですから、
仕事をしていない状況で、
早く収入を得たいと思ってたら、
目先に案パイとってしまうと思います。

ただ自分を棚に上げて言うのも何ですが、
多少の交渉で、数%以上アップできるのが分かっていても、
そんな状況下では、交渉するのは非常に難しくなるということです。
やるせないのが、その原因は自分側にあるところです。。

なので、よっ程の理由が無い限りは、
こういう状況を作らないためにも、
次の会社を決めるまでは
今の会社を辞めないことをお奨めします!

-----
【まぁまぁ参考になったら、ランキングに一票クリック!!】
ありがとうございます!!  blogRanking.gif
-----
【前の関連記事を読む】
辞表を6月10日に出すには?
非公開求人ってホントにあるの?
鉄則?次を決めてから辞めること!其の一
-----
【次の関連記事を読む】
鉄則?次を決めてから辞めること!其の三
とっとけ!休みを!
内定辞退とメリッジブルー
現実逃避の為の転職の薦め!
今日勤めていた会社が倒産しました
現職の同僚とは仲良くしておくこと!
転職35歳限界説は本当か?
仕事の反意語は何ですか?
転職?会社の辞め時、こんな時
転職しないリスク
タグ:給与 交渉 人材


スポンサードリンク



転職支援サイトの活用法、面接の注意点、キャリアコンサルタントの選び方、職務経歴書の書き方、求人情報の探し方、など分からないことだらけ。転職セミナーや転職支援サイトを活用しようにも、エンジャパン、インテリジェンス、リクナビ、とどれが良いのか分からない?この転職サイトでは、これらの転職に関わる様々な情報をこれからも随時提供して行きます。暇な時にでもまた見に来てやって下さい!
タグクラウド
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。