転職したくとも最初の一歩が踏み出せない。。転職は介護・福祉、it・エンジニア、薬剤師、看護士、金融、アパレル系、不動産、等など業種によって変わってきます。そして営業、技術職、経理、などの職種にも左右されます。このサイトでは、そんな疑問を解決できるような転職者の為の転職支援サイトを目指しています。

スポンサードリンク

非公開求人ってホントにあるの?

よくインテリジェンス等の広告で
「あなたにだけの非公開求人多数」
という様な趣旨の広告を目にします。

他の転職サイトでは公開は無く、
あたかもここでしか公開してませんよ!
と採れるような広告です。

非公開求人ってホントあるの?

私も最初疑ってました。
ただの客引きじゃないの?

結論から言うと、あるそうです。

何人かのキャリアコンサルタントに直接聞いてみました。
(それぞれコンサルタント会社は違う)

理由としては諸事情により、
広告を出せないケースが多いとのことでした。

具体的には

・リストラ直後
・ライバル会社
・人数がそこまで要らない

など等。

よくあるのは、大き目の企業で大々的にリストラをしたは良いけど、し過ぎた為、人員増強が必要となった。
でもだからってリストラ直後に大きな広告出して募集は掛けれない。。
そこで、転職サイトや人材会社にお願いし、その会社がリストラした人たち以外の人材で募集を掛けてもらう。

極秘プロジェクトを立ち上げるor立ち上げてる最中、
ライバル会社には悟られない様に、
必要な人材を確保したい。

募集人数が多くない、数人の時。
広告を出して募集するまではいかない、
でもある程度のスキルをもった人材は欲しい。
(この辺は非公開とは関係ない気がする。。)

等がよくあるケースだそうです。

なので、非公開情報というのは存在していて、
理由としては諸事情により広告を出せない会社の募集求人のようです。

紹介する側からしてみても、
(転職サイト・人材バンク等)
競合他社との差別化が図れるし、
依頼主とお互いにWin-Winの良い関係のようです。

【まぁまぁ参考になったから、ランキング上げてあげる】
ありがとうございます!!  blogRanking.gif
-----
【他の関連記事を読む】
辞表を6月10日に出すには?
鉄則?次を決めてから辞めること!其の一
鉄則?次を決めてから辞めること!其の二
鉄則?次を決めてから辞めること!其の三
とっとけ!休みを!
現実逃避の為の転職の薦め!
今日勤めていた会社が倒産しました
現職の同僚とは仲良くしておくこと!
転職35歳限界説は本当か?
仕事の反意語は何ですか?
転職?会社の辞め時、こんな時
転職しないリスク


スポンサードリンク



転職支援サイトの活用法、面接の注意点、キャリアコンサルタントの選び方、職務経歴書の書き方、求人情報の探し方、など分からないことだらけ。転職セミナーや転職支援サイトを活用しようにも、エンジャパン、インテリジェンス、リクナビ、とどれが良いのか分からない?この転職サイトでは、これらの転職に関わる様々な情報をこれからも随時提供して行きます。暇な時にでもまた見に来てやって下さい!
タグクラウド
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。