転職したくとも最初の一歩が踏み出せない。。転職は介護・福祉、it・エンジニア、薬剤師、看護士、金融、アパレル系、不動産、等など業種によって変わってきます。そして営業、技術職、経理、などの職種にも左右されます。このサイトでは、そんな疑問を解決できるような転職者の為の転職支援サイトを目指しています。

スポンサードリンク

転職サイトの活用の仕方

人材紹介会社人材バンク等、
これら転職サイトはあなたが就職した企業・会社から
マージンを受けとります。

ですから、転職希望者は無料で活用できます。

【メリット】
・複数の希望条件のからマッチする求人情報を容易に見つけることができる。
・企業への応募もオンラインで出来る
・各企業の細かい求人内容・会社案内を閲覧できる
・スカウトしてもらえる。(サイトによる)
・お知らせ機能やメールマガジン等で情報を送ってくれる

【デメリット】
・案件が偏る。(サイトにより得意・不得意分野がある)
・予算のない会社等はこういうとこには出てない。
(希望者は自分で探す必要がある)

何といっても、求人検索機能は便利です。

受けたい会社企業の自分の条件入力し、
例えば、職種が○○、年収が○以上、
勤務地が○エリア、
とか入力して条件にあったものの結果が見れます。

有名どころ?のサイトには
規模の大きい会社は殆ど登録しるので、
希望する会社が規模の大きい会社の場合は
どの転職サイトを活用しても大体見つけられます。

問題は中小規模の会社へ転職希望の場合、
ある一人材バンクにのみ登録してたり、もしくは
専門性の高い転職サイトに登録してたりとまちまちです。

結論から言えば、片っ端とは言いませんが、
とりあえず登録はしておき、
自分の気に入った案件が入ったサイトから
使って行くことを最初はお勧めします。

私の場合、最初は一サイトのみ登録し、
活用していました。

結果、なかなか自分の希望する案件が見つかりませんでした。

もう一件、登録してみました。
結果、同じ。。

次に専門分野に特化したサイトに登録し、
幾つか見つかり始まりました。

人それぞれ希望が違うと思います。

数打つちゃぁ〜じゃないですけど、
網を張っておいて、かかった魚から食べてく。

必ずしも全部食べる必要はありません!

そして、勝手が分かってきたら
転職サイトを自分の希望にあわせて使い分ける!

一つの美味しい魚を食べる近道だと思います。


-----
【このブログのランキングを応援してあげる】
ありがとうございます!!  blogRanking.gif
-----
【他の関連の記事を読む】
転職情報、仕事の見つけ方のコツ
転職情報をインターネットから収集する方法
スカウト型サイトの活用方法
ヘッドハンティングされるには?


スポンサードリンク



転職支援サイトの活用法、面接の注意点、キャリアコンサルタントの選び方、職務経歴書の書き方、求人情報の探し方、など分からないことだらけ。転職セミナーや転職支援サイトを活用しようにも、エンジャパン、インテリジェンス、リクナビ、とどれが良いのか分からない?この転職サイトでは、これらの転職に関わる様々な情報をこれからも随時提供して行きます。暇な時にでもまた見に来てやって下さい!
タグクラウド
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。