転職したくとも最初の一歩が踏み出せない。。転職は介護・福祉、it・エンジニア、薬剤師、看護士、金融、アパレル系、不動産、等など業種によって変わってきます。そして営業、技術職、経理、などの職種にも左右されます。このサイトでは、そんな疑問を解決できるような転職者の為の転職支援サイトを目指しています。

スポンサードリンク

転職情報をインターネットから収集する方法

インターネットを活用して
転職情報を収集する方法は大きく分けて三つあります。

・気になる会社のホームページを自分で確認する方法。
人材バンクを使う方法 (インターネット完結型)
キャリアコンサルタントを使う方法 (インターネット+面接)

今日は、会社のホームページの募集情報を確認する方法について。

【メリット】
・企業/会社からの直の情報/要望を知ることができる
・ここから直接自分で連絡を取り進められる。
・間に紹介会社を挟んで無い分、給与交渉が(幾分)しやすい。

【デメリット】
・一社一社募集要項を確認するのは時間がかかる。
・ホームページに募集要項を載せない会社も中にはある。
人材バンクキャリアコンサルタントに募集業務を一任)

なので、会社のホームページを確認して受けるというのは、
働きたい会社が決まっている場合は
この方法が一番時間的にも早くて確実だと思います。

ただ、決まってない方からすると、
世の中何万?社もある中から
一社一社の募集要項を確認していくのは、
よっぽど暇な方でない限り不可能だと思います。

個人的にはこの方法は、
どんな会社なのかを把握するための手段の一つだと思ってます。

例えば、受ける会社が決まった時、
もしくはキャリアコンサルタント人材バンクから紹介された際に、
前もって調べられる情報を収集するために。

そしてその場合ですが、
募集要項以外のページもよ〜く見ておくことをお勧めします。

面接のためとかいう事ではなく、
(それは勿論あるのですが、むしろ)
その後、自分が勤めるかもしれない会社のページですから、
真剣に見といた方が良いと思います。
(IR情報とか企業の収益情報もできれば。)
就職したは良いけど、
一年後に潰れてしまっては困りますから。。

注:ホームページに載ってることは、良いことばっか(なはず)です!

-----
【このブログのランキングを上げてあげる】
ありがとうございます!!  blogRanking.gif
-----
【他の記事を読む】
転職情報、仕事の見つけ方のコツ
転職サイトの活用の仕方
スカウト型サイトの活用方法
ヘッドハンティングされるには?
こんな人材紹介会社は気をつけろ!


スポンサードリンク



転職支援サイトの活用法、面接の注意点、キャリアコンサルタントの選び方、職務経歴書の書き方、求人情報の探し方、など分からないことだらけ。転職セミナーや転職支援サイトを活用しようにも、エンジャパン、インテリジェンス、リクナビ、とどれが良いのか分からない?この転職サイトでは、これらの転職に関わる様々な情報をこれからも随時提供して行きます。暇な時にでもまた見に来てやって下さい!
タグクラウド
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。