転職したくとも最初の一歩が踏み出せない。。転職は介護・福祉、it・エンジニア、薬剤師、看護士、金融、アパレル系、不動産、等など業種によって変わってきます。そして営業、技術職、経理、などの職種にも左右されます。このサイトでは、そんな疑問を解決できるような転職者の為の転職支援サイトを目指しています。

スポンサードリンク

転職しないリスク

転職しないリスクって皆さん考えたことあります?

転職しないと危ないの?

いえいえ、そんなことはありません!
今回は、転職しないことによるリスクについてです。

転職するリスクではありません。
転職しない場合のリスクです。

転職しなかった場合のリスクって、どんなことが思い浮かびます?

現職の方もめんどくさいかもしれませんが、
知らないと取り返しがつかなくなることなので、
この機会に一緒に考えてみて下さい。

直ぐにパッと思いつく所で、

年齢制限=転職したくともできなくなる。

でしょうか?

しかし、これは言ってしまえば、あなたの理由です。
自分が原因なら、自分で対処すれば良いのです。

そんな中、どうし様もない状況の一つに、

(あなたが理由ではなく)
会社の理由で職を失うこともあるということです。

例えば、会社の支持に忠実に従い、
10年以上勤めたあげく、
その部署はもう必要なくなってしまいました。

よって、その部署ごと解散!

ってなったら、この場合誰が悪いのでしょう?
会社の支持に忠実に従ってきたあなたが悪いのでしょうか?

いいえ、違います!

と言いたいのは山々ですが、

最終的にアクション(転職)を起こさず、
その仕事を選択をしたかどうかは分かりませんが、
その仕事を続けたのは誰でもないあなたです!

上記の例はちょっと極端だったかもしれませんが、
昨今の経済状態を踏まえてみても、
今の会社が何時までも右肩上がりとは限りません。

仮に会社の業績が極度に悪化するであろうことが
分かっていながら目を背け、
転職という行動に移さなかった。(移せなかったも含む)

ここまではまだ良いとして、
(会社が再び右肩上がりになる可能性もある為)

その結果、会社が倒産orリストラ。。

この場合、あなたに直接的な責任はないものの、
実害という被害を受けるのはあなたです。

あなたにとっては半分は災害かもしれません。
しかし、半分は自己責任なのです。

だから、転職するべき!ということではなく、

現在の会社で働いているということは、

・年齢制限に近づくor超えてくる(ハンデ)
・自分が悪くなくとも職を失うことがある!

というリスクをとりながら、
現在の会社でキャリアを積むという選択をしているということ!

そして、その結果起こりうる全責任はなくとも、
起こった被害は、誰でもないあなた自身が負うことになるという事実。

これらを踏まえた上で、
自分なりのキャリアプランをしっかりと持ち、
と同時にリスク管理も自分ですることが大切ではないかと。

自己防衛のリスク管理の手段として、

・いつでも他社から求められる技術・技量・メンタルを身に付けておく
・あなたなりの付加価値をつけておく
・転職そのものに関する知識

これらが個人で出来るリスクマネッジメントではないかと。

自分のキャリアプランを達成しつつ、
自分にとって、家族にとって、最良と思われる選択をする!

これが労働者であるあなたに与えられた特権であり、
最高のリスクマネジメントだと考えます。

以上、余計なお世話でした!(笑)

【まぁまぁ参考になったら、一票入れてあげて下さい!】
ありがとうございます!!  blogRanking.gif

【他の関連記事を読む】
辞表を6月10日に出すには?
非公開求人ってホントにあるの?
鉄則?次を決めてから辞めること!其の一
鉄則?次を決めてから辞めること!其の二
鉄則?次を決めてから辞めること!其の三
とっとけ!休みを!
内定辞退とメリッジブルー
現実逃避の為の転職の薦め!
今日勤めていた会社が倒産しました
現職の同僚とは仲良くしておくこと!
転職35歳限界説は本当か?
仕事の反意語は何ですか?
転職?会社の辞め時、こんな時


スポンサードリンク



転職支援サイトの活用法、面接の注意点、キャリアコンサルタントの選び方、職務経歴書の書き方、求人情報の探し方、など分からないことだらけ。転職セミナーや転職支援サイトを活用しようにも、エンジャパン、インテリジェンス、リクナビ、とどれが良いのか分からない?この転職サイトでは、これらの転職に関わる様々な情報をこれからも随時提供して行きます。暇な時にでもまた見に来てやって下さい!
タグクラウド
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。